カリビアンスタッドポーカー

更新日
公開日

風邪やインフルエンザ予防に向けて免疫アップに効くツボ

風邪やインフルエンザ予防に向けて免疫アップに効くツボ

風邪やインフルエンザなどのウイルスは、空気などを通して身体の外側から入ってきます。そこで、身体のもっとも外側にある皮膚や粘膜の防御力を高めておく必要があります。

このような外側の防御力のことを、東洋医学では「衛気(えき)」と呼びます。“防衛する”の“衛(まもる)”の文字が入っていることからも、文字通り身体の外側をまもって、ウイルスなどの侵入を防いでくれる防御の要となります。この衛気が、現代医学でいうところの免疫力とも関係しますので、衛気を強くすることが、免疫力をアップすることにつながっていきます。

このコラムでは免疫力を強くするためには以下のことを意識しておくと良く、そのためのツボをご紹介していきます。

免疫を強くするポイント

  • 衛気(えき)が作られるところを強化する
  • 衛気(えき)を強くする
  • 衛気(えき)の巡りを良くする
  • 風邪やインフルエンザが入らないようにする

1.衛気(えき)が作られるところを強化する

下丹田

衛気(えき)は身体の下腹部の丹田(たんでん)で作られると考えられています。(正確には下丹田(しもたんでん)と呼びますが、ここでは丹田と表記します。)と呼ばれるエリアがありますが、ここで衛気は作られます。丹田のエリアの中心にあり、衛気と関係が深い臓器が腎です。さらに、この腎に格納されているのが身体の元気の素になる精気です。衛気はこの精気から作られるので、先ずはその腎を助けるツボをご紹介します。

関元(かんげん)

開元

お臍の真下、指4本分のところにあります。ここは強く押すというよりは、じわっと圧がかかるくらいにします。また、秋冬などの寒い日は、カイロを当てるのも良いでしょう。

2.衛気を強くする

衛気ができると丹田のエリアを元気にしておくことが前提で、それに加えて、衛気そのものも元気にしていくこともできます。東洋医学では、経絡と呼ばれる気が流れるルートがありますが、そのルートの中でも陽維脈(よういみゃく)というのが衛気と関係しています。その陽維脈の代表穴が外関というツボです。外関を使うことで、免疫力をアップすることができます。

外関(がいかん)

手関節背面のシワの真ん中から上に指本3分にあるツボです。ここはやや強めに押しても良いところです。しかし、あくまで気持ち良く、ジーンと響く感じで押しましょう。

3.衛気の巡りを良くする

衛気の巡りを良くする

衛気を巡らせる力は肺が担当します。そこで、肺の経絡にあるツボを使うわけですが、尺沢というツボが気を巡らせるのを強化してくれます。

尺沢(しゃくたく)

尺沢(しゃくたく)は、肘にある腱の外側にあるツボです。肺がつかさどっている気というエネルギーは、常に身体に必要なものです。なので、この尺沢を押してみるとけっこう痛いと感じる方が多いのではないかと思います。痛気持ちいい程度に、じわっと押してみてください。

4.風邪やインフルエンザが入らないようにする

身体の外側は皮膚です。この皮膚のしまりを良くしてあげることによって、風邪やインフルエンザが入らないようにすることになります。そこで、皮膚の締まりを良くするツボをご紹介いたします。

上関(じょうかん)

上関

上関(じょうかん)はこめかみの少し下で、頬骨の直ぐ上にあります。ここはストレスにも効果が高いツボですので、押してみるとズーンと響く方も多いのではないでしょうか。ストレスの解消とともに、皮膚のしまりも良くするという一石二鳥の効果を狙って、痛気持ちいい感じで押してみてください。

私たちの身体を守る免疫は、夜寝ている間に働いてくれます。また、食事もしっかり摂っておかないと身体が温まらず、秋冬の寒さに負けてしまい、そこから風邪になることも少なくありません。ツボを押すことは免疫力を上げる助けとなりますが、しかし、日常の養生を忘れていてはその効果も半減してしまいます。日常生活を整えていきましょう。

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする

ライフイベントから探す

お悩みから探す

執筆者・監修者一覧

執筆者・監修者一覧

セミナー情報

公式SNS

おすすめコンテンツの最新情報をいち早くお届けします。みなさんからのたくさんのフォローお待ちしています。